【商品紹介】味の母(みりん風発酵調味料)

◇販売価格
味の母720ml 540円(税別)

味の母1800ml 1600円(税別)

味の母は、一本で<お酒>と<甘み>。

「味の母」は日本酒のもろみを造りで、糖化の工程を経て本格醸造されたみりん風発酵調味料です。米と米麹のみを原料として無添加です。醸造で生成されているため、アルコール分、糖類、アミノ酸類、有機酸類、ビタミン類と少量の塩分を含んでおります。そのため、酒との風味とみりんのうまみを併せ持っていますので素材への味付けも良く、一般のみりんと違い日本酒を併用しなくても風味を引き立てます。

原材料名・栄養成分等

名称:醗酵調味料
原材料名:米、米こうじ、食塩
主成分:アルコール分:10%
エキス分:45%
塩分:2%(冷蔵不要)

ご注意
●本品は酒税法上の酒類ではありません。
●開栓後は早めにご使用ください。

保存方法 ●直射日光を避けて常温で保存してください。

「味の母」は、酒の風味とみりんのうまみをあわせもった発酵調味料のため、甘みを加えるほか、アルコールによる風味付けの役割も果たしてくれる調味料になっております。

そのため「酒大さじ1」とある場合は、味の母を大さじ1と1/2にするなどして、お好みの量で味を調節していただけます。少量の塩分を含んでいますので、塩加減も気にしながら味付けをしてみてください。

*ゆとり家では納豆に少々いれて使うのが定番。
醤油と味の母で甘みもでて、子供も食べやすいようです。

「発酵調味料」とは?

発酵調味料とは、酵母による発酵とその後の熟成の2段階で作られたものをいいます。

味の母は「コメ・米麹」を原料にして、日本酒のもとになる”もろみ”を醸造し、さらに熟成の工程をじっくりじっくりと経て作られています。

日本酒がもとにはなっておりますが、食塩を加えているので酒類からは除外されています。日本酒の特徴として、焼酎に比べて熱に強い性質があります。

そのため、味の母は加熱調理をしても風味が抜けにくいため、料理の際に日本酒を補う必要はありません。さらに、封を開けた後も冷暗所で保存可能ですので冷蔵庫に入れて管理する必要がありません。

投稿 post